茨城一区・衆議院議員 福島のぶゆき


茨城第一区【水戸市(旧内原を除く)、城里町、笠間市(旧笠間)、常陸大宮市(旧御前山)、桜川市、筑西市、下妻市(旧千代川を除く)
トップページへプロフィール後援会活動記録ブログお問合せ
最新の動きはフェイスブックで

プロフィール

◆茨大付属中、水戸一高、東京大学農学部卒
◆通商産業省(現経済産業省)入省
◆内閣官房参事官補佐を最後に退官
◆2009年 2度の落選を糧に衆議院議員初当選
◆2012年 衆議院選挙にて次点 現在 大学客員教授
◆水戸市千波町在住 妻と長男の3人家族

 

 

衆議院議員として、すべてをこの故郷(くに)のために!

■昨年暮れの総選挙、多くの皆様方の力強いご支援を賜り2年ぶりに国会で仕事をさせていただくこととなりました。総選挙期間中60ヶ所におよぶ演説会や各地でいただいた皆さまからの思い、お声を大切に胸にとどめながら張り切って仕事をしてまいります。本年もよろしくお願い申し上げます。
■さて、本年の新年にあたっての天皇陛下のご感想に、私は強い感銘を受けました。
  「本年は終戦から70年という節目の年に当たります。多くの人々がなくなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々、広島、長崎の原爆、東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今極めて大切なことだと思っています。」(傍点筆者)
■政治的な発言を決してなさらない陛下ですが、今年は日本の曲がり角にあるという強い危機感を感じました。経済の問題でも、外交の問題でも、今ほど日本の政治家、リーダーたちが時代を見据え、ぶれない理念を掲げ、大きな観点から行動しなければならない時はないのかもしれません。果たして今の日本の政治は、与野党を問わずそれに足るものなのかどうか、私たち国会議員は真摯に自らを省みなければならないと思います。
■民主党では、通産省の先輩でもある岡田克也さんが新たな代表として就任いたしました。今回の選挙戦を通じて国民の皆さんが示された意思は、「今の民主党は自民党に対抗する政党としては期待できない。一から出直せ」ということであったと認識しています。岡田新代表の下民主党は、単に民主党を立て直すという内向きの小さな目標ではなく、この国の政治を刷新し、日本を再興する新しい力となるのだという大きな目標を掲げて一から出直さなければなりません。私も微力ながらその一つの力となってまいる所存です。
■私は、今回の奇跡的な選挙結果でいただいたこの議席は、何か大きな力によって天から与えられた運命的なものであると感じております。「すべてをこの故郷(くに)のために」という決意で無私の心ではたらいてまいる所存ですので、本年も変わらぬご指導ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

地方都市では「アベノミクス」は実感できない!

 

前回の厳しいご審判から2年、私、福島のぶゆきは多くの皆様方に支えられ、 -から出直すべく、私たちの故郷をくまなく歩かせていただきました。そこ で聴こえてきたのは、「アベノミクス」の実感などない地元の姿。

 

  • 地域の商店街は衰退し、
  • 米価暴落は農家のやる気を失わせ、
  • 子や孫の就職を心配する声が絶えず、
  • 燃料、食料品などの生活必需品は値上がりし、
  • 「年金だけでは生活できない!」という悲鴫でした。

 

「アベノミクス」と言っても、金融緩和と円安によって株価が上 がっているだけ。輸入燃料や原材料の高騰、米価の暴落で地方経済や家計はボロボロに……。   今、必要なのは、故郷の思いを受け止め、信念を貫いて行動する真の政治家です。私は、人生のすべてをこの故郷(くに)のために捧げ、本物の政治家を目指します。皆様方の貴重な一票を、ぜひ福島のぶゆきにお願いいたします。

 

 

 

 

福島のぶゆきの地方経済活性化の秘策!

 


①地元でお金や仕事がぐるぐる回り雇用が生まれる

 

地域資源を生かしたコンパクトなまちづくりの推進、農商工連携(6次産業化)、自然エネルギーの地産地消などによって、地元でお金や仕事がぐるぐる回り雇用が生まれる現場目線の経済の仕組みに転換します。

 

 

②やる気の出る農政

 

米価を暴落させて離農を促す「北風農政」ではなく、戸別所得補償制度を法制化して米価の変動があっても安心して計画的に営農できる「太陽農政」に転換します。

 

 

 

③若者が人生設計できる社会


学校を出た若者が、仕事に就き、家庭をもうけ、マイホームや車、家財を貯えられる、当たり前の安定した社会を取り戻します。そのために同一労働同一賃金、子育てをしながら働ける環境を実現します。

 

 

 

④社会保障制度の確立・・・これこそ実は最大の経済対策


消費税3%増による5兆円の増収のうち社会保障の充実に使われているのは、たったの0.5兆円。消費税を全額年金、医療、介護、子育ての充実だけに使われるように法律改正し、将来の人生設計可能な安心できる社会保障制度を確立します。

 

 

官僚時代に培った太いパイプを使い地方に財源を

 

地方と霞ヶ関の橋渡し役として、私福島のぶゆき程の適任者はおりません。

霞ヶ関で官僚として国のために働いてきたことで、 地方の声を国に届ける方法を身につけることが出来たのです。

厳しい不況に苦しむ故郷茨城を救うためにも、 そして、故郷茨城の現状を国に伝え支援を得るためにも、 霞ヶ関の官僚の手法を知り尽くした福島のぶゆきに働き場を与えてください。

 

 

 

福島のぶゆきの在職中の予算獲得実績!

 

  故郷の復旧・復興に心血を注ぎました。

  • 弘道館を全額国費で復旧を実現
  • 水戸市役所の解体新築に国費を投入
  • 中小企業グループ補助金等被災中小企業への重点支援策を獲得
  • 長年眠っていた那珂川下流域の堤防強化予算を獲得
  • 農業基盤整備のための予算を大幅に増額  などなど

 

 

 

「モーニングバード!」出演


風評被害の救済
(2011年4月15日 内閣委員会)

TPP
(2011年10月26日 農林水産委員会)

公務員改革
(2012年6月1日 本会議)



福島のぶゆき 地元への貢献

各種メディアへの出演

14/5/15 『モーニングバード』出演 そもそも凍結された巨額公共事業がこっそり(自民党政権化で)復活したのはなぜか?
10/11/06 降って沸いた「TPP」の謎?! ゲスト 福島伸享氏(民主党、衆議院議員) ◆BS11
『黒岩祐治の人材発掘』 福島伸享 1/2
『黒岩祐治の人材発掘』 福島伸享 2/2

このページのTOPへ↑

Copyright Fukushima Nobuyuki All rights reserved.

基本政策 福島のぶゆきの思い 実績と政策 農業 実績と政策 医療